リトアニア料理【キビナイ】のレシピ

【kibinai/キビナイ】は、リトアニアにあるトラカイという地域の郷土料理。
パイみたいなパンみたいな…パイパンな食感のミートパイ。

リトアニアの郷土料理というより、トラカイの郷土料理だけど、リトアニアでは、スーパーにも売ってるほど馴染みのある料理。
でも家ではあまり作らないかな…。

今回は、リトアニア人の僕が何度も挑戦してやっとうまく焼けたレシピを紹介!!
本当に試行錯誤して、分量や作り方を研究しました…。
この通り作れば、きっとあなたも素敵なキビナイが焼けるはず!!!

作り方

【材料(10個分)】
(参考:リトアニア人なら6個、日本人なら3個くらい食べれるかな)

◆生地
バター(常温にしておく)…80グラム
薄力粉…125グラム
強力粉…125グラム
サワークリーム…60グラム
たまご…1つ
塩…ひとつまみ
ツヤ出し用たまご…1つ

◆中身
お肉…300グラム
玉ねぎ…半分
塩胡椒…適量
バジル、オレガノなどのハーブ(お好みで)
※お肉はお好みで、豚ひき肉、合挽き、ブロック肉を細切りにしたものなど。僕はラム肉細切りが好きだけど、日本だと手に入れにくいから豚肩ブロックの細切りを使うよ!

①薄力粉、強力粉をボウルに入れよく混ぜ、塩、バターを加える。

②生地がぽろぽろ(そぼろ状)になるまで混ぜる。
バターの塊がないように手でしっかり確かめて、塊が残ってたら指で潰す!
この工程は生地の成功を左右する大事なポイントなので、サボらないように!

③生地の真ん中にくぼみを作り、サワークリームと卵をいれる。

④生地ががボウルの周りにつかなくなるまで捏ねる。
生地が粉っぽい場合は、サワークリームを足してね。

⑤冷蔵庫に入れて、30分寝かせる。
(冷やしすぎると、生地が固くなって包みにくくなるから気を付けてね)

⑥肉に玉ねぎ、塩胡椒を混ぜる。
塩胡椒は、しっかりめに!これしか味付けないからな!

⑦生地を10等分にして、丸め、麺棒で円形に伸ばす。

⑧真ん中にお肉をのせて、口を閉じ、閉じた部分をクルクルと巻いていく。
巻き込む!を意識しながら巻いていこう!

⑨鉄板にクッキングシートを敷き、キビナイを乗せ、ツヤ出しの卵を表面に塗る。

⑩200度に予熱したオーブンで25分焼いて、出来上がり!!
(焼き色が薄かったら、プラス5分ほどしよう)

キビナイはチキンスープと一緒に食べるよ!

リトアニアだと、キューブのチキンスープがあるんだけど、日本だったら鶏がらスープの素で作って、ハーブをいれるとその味に近いかな。
キビナイとチキンスープが用意できたら、あとはトラカイ城の景色を思い浮かべながら食べよう!
これでリトアニア旅行気分!

レシピ分かりにくいところとか、こんなアレンジもどうかなっていう意見や感想待ってるよ!