カッテージチーズのレシピ

リトアニアで色んな料理に使われるカッテージチーズ。今回はこのカッテージチーズの色々な作り方を紹介するよ。

リトアニアでは、カッテージチーズがたくさん売られていて、いろんな料理に使われているよ。日本ではチーズコーナーに1種類くらいが並べられてるだけだよね。しかもすごく小さい。そして塩が混ざってて、リトアニアのものとは違うんだよね。でも、カッテージチーズは牛乳やヨーグルトから簡単に作れるんだよ!

作り方①(牛乳+レモン汁)

この材料で作ると、200グラムほどのカッテージチーズができる。少しレモンの香りが残るので、ドーナツやパンケーキの生地に使用したり、サラダの付け合わせなどに適してる。

【材料/約200グラム分】

・牛乳…1000ml
・レモン汁…50ml

①牛乳を沸騰直前(鍋ふちに小さな泡が出るくらい)まで温める。

②火を止め、レモン汁を入れゆっくりと混ぜる。

③分離してきたら、布巾かキッチンペーパーを敷いたざるに流す。

④よく絞ったら、できあがり!

作り方②(ヨーグルト)

ヨーグルトだけで作るとても簡単な方法。少し酸味の強いカッテージチーズが出来上がる。これでチーズケーキを作るととってもおいしい。酸味が強すぎる人は、牛乳をプラスするとマイルドになるよ。リトアニアの家庭で作るときは、この作り方が定番かな。味もリトアニアのカッテージチーズに近い。

【材料/約200グラム分】

・ヨーグルト…800グラム
もしくは
・ヨーグルト…600グラム
・牛乳…200ミリ

①ヨーグルトを鍋にいれて、かき混ぜながら沸騰するくらいまで温める。

② 分離してきたら、布巾かキッチンペーパーを敷いたざるに流す。

③よく絞ったらできあがり!

作り方③(牛乳+レンネット)

この作り方はかなり本格的。まずレンネットをこのために買わなければいけない。一応アマゾンで買える。そしてほかの作り方よりも時間がかかる。温度の調節も重要になる。この方法で作ると、香りがほとんどなくてクセのないカッテージチーズができる。これを熱湯で練っていくと、モッツアレラチーズになる。…だがしかし、こんな手間かけて作ってどうする?っていう気分になるから、おすすめしない。上の2つの作り方のが断然良い。どうしてもこの方法でやりたいんだって人のために、作り方だけ載せておこう。

【材料/約200グラム分】

・牛乳…1000ml
・レンネット…耳かき1さじ程
・水…大さじ1

①牛乳を鍋に入れ火にかけ、32度まで温める。温度計で測りながら温めよう。

任意:ヨーグルトやケフィアなどの乳酸菌を加えてもいい。この方法では低温で作るため、乳酸菌が死なずに繁殖することにより、香りが芳しくなって酸味が出るよ。

②大さじ1の水にレンネットをいれ混ぜておく。

③牛乳が32度まで温まったら火を止め、水で溶いたレンネットをいれ、ゆっくり混ぜる。

④牛乳の入った鍋にふたをして、バスタオルで包み保温し、約4時間置いておく。

⑤バスタイルをはずし、固まった牛乳をさいの目上に切っていく。

⑥中火にかけ、ゆっくりとかき混ぜ、液体と分離させていく。

⑦ 分離してきたら、布巾かキッチンペーパーを敷いたざるに流す。

⑧よく絞ったらできあがり!※布巾にカッテージチーズがくっつきやすいので、捨ててもいい布巾を使用したほうがよいよ!

カッテージチーズができたら、カッテージチーズを使ったお菓子のレシピも挑戦してみてね。


https://www.sushimeetscepelinai.com/chocolate-cottage-cheese-cake/
https://www.sushimeetscepelinai.com/syrniki/


カッテージチーズにジャムや砂糖を混ぜて、そのまま食べてもおいしいよ。